【舌磨きジェル+ブラシ】BITAN(ビタン)で白い舌をクリーンに

舌磨きのためのジェルならビタンが良い理由
⇒「BITAN(ビタン)」公式サイトはこちら

食べかすや雑菌などが舌の表面に付着することで発生するのが「舌苔(ぜったい)」です。

今まで、歯磨きのついでに歯ブラシでブラッシングしてた。
って方も少ないと思います。

まず結論
※歯ブラシで舌をブラッシングするのはNGな方法です。

NHKの健康番組で「舌苔の取り方でNGな方法」で紹介されていたのが「歯ブラシ」。
実は歯ブラシで舌苔をこそぎ落そうとすると、舌の組織の奥に汚れが入り込んでしまうんです。

ここでは「舌苔除去」のために研究開発されたアイテム「BITAN(ビタン)」という舌磨きジェルと「舌磨き」に関する基礎知識をお知らせしていきます。

舌磨きは自己流厳禁

鏡で自分の舌を見てみると「白い」舌苔がついているので、
「物理的にしっかり除去したい!」
と、衝動的に行動すること。
これが一番大きな「NG行動」なんです。

ただ舌苔がひどくなってくると「口臭」や「誤嚥性(間違って飲み込むこと)」の肺の病気など、放置しているとそれだけやっかいなものでもあります。

また舌磨きにチャレンジはするんだけど、「嗚咽(おえつ)」がきて吐き気があるので気持ち悪くてできない。など、舌苔が一番多く付着している所に触れることができない場合があります。

あまり吐き気を我慢して続けていても逆流性食道炎のように胃酸の上下で胃や食道を痛めてしまうのも良くありません。

そもそも舌磨き自体NGな方もいます。

  • 口の中に炎症がある。
  • 舌にがある。
  • 舌磨きをすると痛い
  • 口内で出血している。
  • 舌をブラシでなぞるとヒリヒリする。
  • ブラシが舌の上で引っかかるみたいな時がある。

上記の場合には傷を大きくしてしまったり、傷口から雑菌を入り込ませてしまう原因にもなるので、解消されてから舌磨きをするようにしてください。

基本、自己流、特に歯ブラシでブラッシングするのはNG。
課題は「舌に負担をかけない方法で舌苔を除去する」という点です。

今までの舌磨きの方法

ここでは舌磨きジェル「BITAN(ビタン)」のご紹介の前に、「今までの」舌磨きの方法のメリットデメリットについてお知らせします。

NGな方法、OKだけども舌苔が取り切れなくてストレスがたまってしまう方法などなど、様々ですので、ご自身で行っていた方法はないかチェックしてみてください。

正しい舌磨きの方法

・湿らせたガーゼ(コットン)、綿棒

NHKの健康番組で「歯ブラシはNG」とされ、正しい方法として紹介されたのが「湿らせたガーゼ」です。

きめ細かいガーゼを湿らせれば、より舌に負担なく舌苔が除去できます。
ただ筆者が試してみたのですが、「取り切れなくて若干のストレスを感じる」状態。
だからといって湿らせずに乾燥したガーゼで舌を拭いてしまうのはNG。傷つけてしまう原因になります。

また赤ちゃんなど乳幼児の場合には湿らせた綿棒がおすすめ。
粉ミルクや母乳などが舌で白く残っている場合などにからめとる感じで行うときれいになります。

・ソニッケアー:舌磨きブラシ

電動歯ブラシで有名なフィリップスの「ソニッケアーシリーズ」。
その中に舌磨き用のブラシがあります。

ただ本体が2万円前後、高いものでは3万円を超えるので、舌苔ケアとしては高額商品の部類。
また衛生面から舌磨きブラシのヘッドの交換はしたいところですが、ブラシだけでも数千円するので、筆者には手が出せませんでした。

ただ口コミなどをチェックしていくと、評判自体は良いので、「物理的に舌苔除去する」アイテムとしては良いのかもしれません。

⇒「BITAN(ビタン)」公式サイトはこちら

間違った舌磨きの方法

・自分の指、爪

いわずもがなですが、危険な方法です。
ガリガリ爪などで舌をこすってしまうと簡単に傷がついてしまいます。
傷口からばい菌などが入り込むと炎症を起こし、口臭の原因だけではなく他の病気の危険性も高まります。

物理的に舌苔を今すぐ取りたいという気持ちはわかりますが、自分の指、爪で舌磨きするのは絶対にNGです。

・歯ブラシ

これが一番「舌磨き人口」が多い方法ではないでしょうか。
ただこれが一番ポピュラーで一番NGな方法です。

歯ブラシはそもそも固い歯を磨くためのもの。
それをやわらかく、繊細な組織である舌の表面をブラッシングしてしまうと、傷がつく以前に、汚れ(舌苔)自体が舌の組織の奥に入り込んでしまいます。

舌苔を落としているつもりが中に入り込ませているだけ、としたら意味がないとお気づきいただけると思います。

舌苔が除去できてつきにくくなる「BITAN(ビタン)」

舌磨きジェルのBITAN(ビタン)

ここまで舌磨きの方法として正しいもの、間違ったものを紹介してきました。
正しい方法の中にも「課題」が残る点がありましたが、舌磨きのために研究開発された「BITANビタン)」は舌苔をしっかり除去して、つきにくくする「舌磨きジェル」です。

湿らせたガーゼでは舌の負担はないが、舌苔が取り切れない。
歯ブラシだと舌苔はとれるが、舌に負担がかかる。

この両方のデメリットをクリアにしているのがBITAN(ビタン)。
理由はその成分にあります。

BITAN(ビタン)に配合されている成分

マスティック

⇒マスティックはギリシャ・ヒオス島にしか存在しない超貴重な樹木。
その樹液は古来から「天然のガム」として、口の中の汚れを取る目的で珍重されてきました。

また細菌やバクテリアから守ってくれる作用もあるので、「天然のバリア」として今回BITAN(ビタン)に採用されています。

乳酸菌

⇒「腸内フローラ」は腸内の細菌バランス(善玉、悪玉、日和見菌)を保つために乳酸菌が有用なのはご存知かもしれません。

同様に「口内フローラ」について乳酸菌はサポートしてくれるので、舌苔の成分である雑菌が繁殖し、口臭に発展するのを予防する効果が期待できます。

16種類の天然成分

アロエベラやプロポリスなど、16種類の天然成分を配合しているBITAN(ビタン)。
この自然派由来の成分により「口の中の潤い」を保ってくれる働きがあります。

舌苔発生の大きな原因である「口の中の乾燥」。
唾液が分泌されないと、口の中の食べかすや雑菌がそのままの状態になり、舌苔へと「蓄積」されていきます。

潤い自体が保たれれば、自ずと不要なものが洗い流され清潔な口内を維持できるというわけです。

⇒「BITAN(ビタン)」公式サイトはこちら

今だけ!お得なキャンペーン中

発売当初から人気のBITAN(ビタン)。
実は現在通常価格3,980円が980円になるキャンペーン中。
(筆者もこの価格でゲットしました)

BITAN(ビタン)キャンペーン詳細

舌ブラシ+BITAN(ビタン)「40日毎お届け」コース

初回特別限定割引
980円 ※送料無料
(通常価格3,980円)

※舌専用ブラシ「タンシャイン」毎回1本プレゼント
※2回目以降も12%OFFでお届け。

※※「3回以上は続けてください」など最低継続回数なし!
※※10日間安心返金保証つき!

お得に申し込めるのは「定期購入」。
定期購入ってハードル高いですよね。

何回か続けないといけないだろうから、料金がかさむ…
途中解約すると「違約金」が請求されそう…
いろいろ理由をつけて返金保証がつかえなそう…
などなど不安はつきものです。

はじめてお買い物、しかも定期購入となると当然のことだと思います。
ただ、このBITAN(ビタン)の場合、継続回数のルールはなく、返金保証も連絡すればすぐに可能。

いわゆる定期購入を利用する側のリスクがない!

ということなんです。
万が一自分に合わなかった場合には初回割引分だけで解約も可能です。

ただ舌苔除去の対策は徐々に徐々にすすめていって効果を実感できる可能性が高まるもの。
自分に合っている場合にはいたずらに解約しようとせず、3ヶ月くらいは継続して使用するのがベストです。
(筆者の場合、2ヶ月目以降にきれいなピンク色の舌に近づいてきました)

販売店調査!お得なキャンペーンは公式だけ?!

結論:初回割引980円コースがあるのはメーカー公式サイトだけ。

まずは結論からお知らせしました。
実店舗であるマツモトキヨシツルハドラッグなどのドラッグストア薬局には取り扱いがなく、ネット通販最大手の楽天Amazonでは「取り扱いがあっても、通常価格より割高」という印象。

ここでは根拠となる画像を交えて本当にお得なキャンペーンが開催されているのは公式サイトだけなのか調査結果を報告します。

楽天、Amazonでの検索結果

結論:Amazonでは取り扱いなし。楽天ではお得な価格での取り扱いなし。

ビタン楽天

画像見ていただけるとわかりますが、公式サイトでは初回980円で開始できますが、楽天のメーカーショップでは通常価格+送料という価格帯。

やはり公式サイトの方がお得ですね。

ビタンAmazon

AmazonはBITAN(ビタン)の取り扱い自体がなく、類似したキーワードでの書籍が表示されています。

楽天市場ではスーパーセールが行われていたり「ポイント10倍!」みたな形の“条件”をチェックする場合が多いと思います。
それでも今回は初回の大幅割引よりもお得な価格帯はないので、安心して公式サイトで申し込みするのが良いですね。

⇒「BITAN(ビタン)」公式サイトはこちら

ドラッグストア、量販店での調査結果。

普段の日用品などと一緒にドラッグストアや薬局でBITAN(ビタン)が買えると便利ですよね。

ただ実際の店舗での調査、マツモトキヨシ、ツルハドラッグなどの「オンラインショップ」での調査でもBITAN(ビタン)の取り扱いはありませんでした。

マツモトキヨシの調査結果

マツモトキヨシは実店舗、オンラインショップともにBITAN(ビタン)の取り扱いはありませんでした。

マツモトキヨシのビタン検索

ツルハドラッグでの調査結果

ツルハドラッグもマツモトキヨシ同様取り扱いがありませんでした。

ビタン・ツルハドラッグ

実店舗だと楽天ポイントやツルハ独自のポイント両方つくのでお得ですが、取り扱いがないとなるとあきらめるしかないですね。

コンビニ(セブンイレブン)での調査結果

セブンイレブン(コンビニ)調査結果

こちらはセブンイレブンのネット通販サイト「オムニ7」での調査。
コンビニの場合は歯間ブラシなどはありますが、舌磨きブラシなどの取り扱いもないようです。

LOFT(ロフト)での調査結果

ロフトの場合、比較的ニッチな商品の取り扱いがあったり、美容関連のアイテムはかなり品数が多いのでビタンなどの舌磨きジェルが「あってもよさそう」なんですが、実際にはありませんでした。

ビタンLOFT

100円均一での調査結果

100円均一ではBITAN(ビタン)の調査というより舌専用ブラシや類似商品などを調査しました。
画像は「BITAN」検索をしていますが、それに類似した商品も表示されていません。

100円均一キラット

まとめ:やはりお得なのは公式!

ここまで「舌磨き」に関する基礎知識と今まで使われていたNGな舌磨き、正しい舌磨き、BITAN(ビタン)という新しい舌磨きアイテムを紹介してきました。

⇒「BITAN(ビタン)」公式サイトはこちら

BITAN(ビタン)は、
「物理的に舌苔除去を行い、舌苔が発生しにくくする。
また舌への負担も少ない」
しかも自然派由来の成分で作られているので、安心安全に使用できるというのが選ばれている理由。

お得に賢く使いたい!のであれば断然「メーカー公式サイト」。

定期購入であってもすぐに解約できる点や、10日間の安心返金保証がついているので、お得に安心して申し込みすることができます。

現在も初回大幅割引の980円で申し込みできるかどうか、まずは公式サイトをチェックしてみてください。

⇒「BITAN(ビタン)」公式サイトはこちら